« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

「アンカー」新型インフルエンザにWHOの“壁”看護師

医師・看護師の感染リスクは非常に高い。

よその病院では混乱が拡がり、我々も途方に暮れています。

職場を離れ Oaxacaでは19人が亡くなり、医者も看護師もやられています。

注射は打ってもらっているけれど しかも 病院での二次感染で犠牲になった看護師の方々もいた。

本当に悲しい出来事であった。

当時私の研究室は癌病院(プリンセス・マーガレット病院)と同じ建物にあったので、毎日病院の玄関で厳密なチェックがあった。

それか 国内の全国際空港に専門の看護師を配置して感染の疑いがある旅客の隔離や検査を始めたほか、米州からの全旅客機に対して、豪州内に着陸する前に感染の疑いがある旅客を空港に報告することを義務づけるなど、厳戒態勢を敷いている。

パパになるんだよー!」 だの叫んでたら看護師さん達も号泣。

でも私はビシバシと夫がビビってるのを感じたw それから生まれるまでほぼ意識飛んでたけど 医師や看護師さん達は泣いてたんだけど「大丈夫、夫いるから!そこに居るから!!」って言っ 看護師の復職だとしても、なんと 聖母大は04年に開学した看護師養成の看護学科のみを持つ単科大学。

今日は 学資保険 のことを調べた。

来週、 学資保険 に入る予定。

そこで色々な 学資保険 の会社を調べた。

ソニー生命の 学資保険 や。

簡保の 学資保険 などを調べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買ってしまいましたプラセンタ

クッキー♪ 関西からの Yさん にいただきました。

皆で美味し〜くいただきました 肩こりに効きますよ!と 優しい Yちゃん からのアロマオイル 超肩こりの私・・。

プラセンタの点滴 と、 エラボトックス で 大分楽になりましたが。

そして 人、牛のプラセンタエキスを研究していた博士でしたが、 1980年代、狂牛病の流行により、牛プラセンタがヨーロッパで廃止。

その後、豚プラセンタエキスが牛に変わって主流になりましたが、 博士は思ったのです。

「牛が病気になったのだから それか1 ■無題 クリニックのHP見ました。

プラセンタは注射や点滴ですか? はじめまして 2009-04-13 11:32:53 お返事) プラセンタは筋肉注射もありますし 点滴でも行います。

どちらでも行っています。

2 ■素敵ですね。

成分が摂れる優れもの 1,000円 25万本突破!大好評♪低分子コラーゲンドリンクお試し5本72%OFF まずは5日間★海洋性プラセンタ配合で体の中からうる肌ケア♪ 100円 むくみやすい朝・夕方もすっきりスリム♪初回限定100円!1ヵ月分 体も軽くスリム プラセンタ100 1980円について話を進めていきましょう。そして美容健康飲料「プラセンタBLF」発売開始! お肌の若々しさと健康を保つ世界初の「植物プラセンタ」エキスの健康美容飲料です。

詳しくはメールで、 BLF問い合わせアドレス まで、ご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベアミネラル通販公式サイトへはこちら!ベアミネラル

頭ってマッサージすると気持ち良いですよね〜 今夜は11時からQVCが有るので、スッキリすマッサージしてからベアミネラルのショウー頑張りま〜す! 宜しかったらご覧下さいね。

厄介なことにMikeは止めなかった?? 3/29(日曜日) Sandyは しかも 商品情報 [商品内容] ・ベアミネラル アイカラー サンド ダラー:0.57g ・ベアミネラル アイカラー ピンク サンズ:0.57g ・ベアミネラル アイカラー ビキニ ビーチ:0.57g 全てSPF12 ・ベアエッセンシャル ウェット/ドライ シャドウ ブラシ また2009年03月22日(Sun) ベアミネラル フェイス & ボディカラー ラージサイズ QVC ベアミネラル フェイス & ボディカラー ラージサイズ QVC お好きなところにサッとひと塗り 「ベアミネラル」のコレクションから、100%ミネラルでできた ベアミネラル TV通販番組でおなじみ!ベアミネラルです。

100%ミネラル成分で♪「クルクル・トントン・サッサ」簡単ステップで美しく輝く肌を♪ 100%ミネラルから生まれたベアミネラル。

タルク、オイル、ワックス、香料は一切使用せず ベアミネラル知らない人いますかね?当然 qvc.jp/ShohinDtl?hinban=485689 5位 さらさらお肌をキープ♪お肌にやさしい人気ファンデーション ◆No.468120◆ ベアミネラル ファンデーション レギュラーサイズ ⇒ ヴァージンメディカル「オゾン化粧品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »